さいたま市見沼区の不動産屋 地建TOP > 競売代行・サポート


競売代行・サポートについて

競売物件の入札をお考えの皆様に資料の提供と手続きの代行などを行っています。
初めて入札をされる方は分からない事も多いかと思いますが弊社でサポートを行っています。
疑問に思うことがありましたらいつでも質問してください。
スムーズな入札からその後までをしっかりサポートいたします。

競売物件についての調査

地建では競売物件の資料をお取り寄せいたします。
資料としては下記3点がございます。

物件明細書

その不動産を買い受けたときに引き受けるべき負担と法定地上権の成立の有無
(土地または、建物のみの場合)、建物売却の場合の敷地利用権、占有者に関する事項、
占有者に対する引渡命令が出るかどうかの判断資料などが記載されています。

現況調査報告書

事件の表示、不動産の表示、調査日時・方法、土地の形状、占有関係、
土地上の建物の構造、占有者、敷地の所有者、土地・建物の写真等が記載されています。

不動産評価書

評価額及び評価の年月、その算出過程、不動産の所在する場所の環境の概要、
法令 の制限、土地・建物の図面が表示されています。

こんな物件ありませんか?この競売物件の情報が知りたいのですけど。
などございましたらお問い合わせください。ご覧いただけるようにご用意致します。

入札物件の買受方法

競売物件は期間入札と呼ばれる方式で入札を行います。
期間入札とは、裁判所が一定の入札期間を設けて、その期間内に入札書による入札を受付け、入札期間満了後1週間以内の開札期日に入札参加者立会いのもとで開封し、最高額で入札した人に売却する方法です。

入札以降のサポート

資料のお取り寄せで入札したい競売物件がありましたら、入札に進みます。
入札以降には下記のような手続きが必要になります。

入札保証金

不動産競売物件の入札に参加するためには、裁判所の定めた入札保証金を納付しなければなりません。
入札保証金を指定預金口座に振り込んだ上、振込証明書を提出する必要があります。(銀行または保険会社との間に支払保証委託契約を締結して、その証明書を提出する方法もあります。)

入札

入札期間内に入札書(執行官室で交付しているもの)を封筒に入れて保証金振込証明書・資格証明書(又は住民票)とともに提出する必要があります。
書留による郵送でも可能ですが、入札期間内に到達しなければなりません。

開札及び売却決定

開札期日には、執行官が入札参加者立会いのもとで開封して、最高額で入札した人の決定を行います。売却決定は、原則として1週間後の売却決定日に裁判所が売却の許否を決定します。

売却代金の納付

売却代金(入札価格から保証金の額を控除したもの)は、売却許可決定確定から原則1から以内で裁判所が定める日までに納付しなければなりません。 その期間内に代金を納付しない場合には、売却許可決定は効力を失い、入札保証金は返還されませんので注意してください。

※留意点
競売物件を落札したとしても、第三者の占有により明渡しがスムーズに行われないケースもあります。
また、買受人が競売物件の占有者に対して明渡しを請求することができる場合であっても、占有者が協力しないときは買受人において訴訟や強制執行の手続きをとらなければならないケースもありますので、
必ず裁判所を直接訪問して、閲覧場で調査・確認を行ってください。
本情報公開後の事件の取下げ等により買受できない場合もあります。

代行・サポート料金について
代行・サポート料金について